海外口座・資産運用、USD年利3%、キルギスソム年利11%、
海外銀行口座開設サービス

海外旅行の定期預金で資産運用
失われた25年…超低金利が続く現在の日本
預金をして望める利息は雀の涙、
安全確実だと言われていた国内定期預金では、
預貯金がどんなに多くても利息生活を送ることは夢のまた夢。

「マイナス金利」が導入されている現在の日本では、自分の資産を運用するのは非常に不利です。

では、海外の金利はどのくらいなのでしょうか?

オリンピック開催で経済発展が期待されているブラジルの政策金利は、「12.25%」

定年退職後のセカンドライフの場として注目を集めているマレーシアは「3.00%」、多くの日本人が旅行先や留学先として選ぶニュージーランドは「1.75%」。(2017年2月現在)高金利の国は他にも沢山あります。

海外銀行での「定期預金」は、為替リスクやカントリーリスクはあるものの、株やFXのような投機的な金融商品と比較すると、リスクが低いと言われる投資方法です。
«利息例»

・元金2000万円

・3年定期:年利11%(月利約0.917%)

・1KGS=1.65円

・普通預金口座利息:2%

一般的に海外の銀行で口座を開設するためには、現地の窓口へ直接赴く必要性や、現地の言葉を理解するなど、大きな障壁があるため容易に始められるものではありません。

弊社のサポートサービスでは、満20歳以上66歳未満の日本国パスポート保持者であれば、誰でも日本にいながら、郵送で外国銀行の口座開設ができ、高金利の定期預金で資産運用が可能です。